メニュー

蝉の声

世田谷にある、とある家の裏を行き交うネコやハクビシン鳥達の様子をライブのように流しているネット放送があります。

このところの所の暑さで、ネコや鳥も活動するのは朝方や夕方から夜にかけてとなっています。

そんな暑さの中で喧しいのがセミの声で、アブラゼミのジージーという声が届いてきます。

しかし、お盆も過ぎて8月の下旬にはいろうというときに、そのネットから聞こえる音声からは、関東では晩夏のセミといわれる、あの独特の鳴き声のセミであるツクツクボウシの鳴き声が聞こえてきました。

私の住む町でも数日前から時折耳にするようになり、このセミの声を聞くと、いよいよ夏も終わりに差し掛かってきたと思わされます。

それでも、まだまだ関東では残暑が厳しいですが、朝夕の時間も短くなってきており、確実に季節は動いていることを感じさせられます。

しかし、この放送では、なぜかカナカナという、あのヒグラシの涼し気な声を聞いたことがありません。

セミの分布にも、一種のバラつきの様なものがあるのかもしれません。

蝉の種類と鳴く順番!ハルゼミから秋のチッチゼミまでというページが参考になりました。